大リーグ、韓国2選手を通知 ポスティングで「契約可能」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
プレミア12の日本戦に先発した韓国の金広鉉投手=2015年11月、札幌ドーム
プレミア12の日本戦に先発した韓国の金広鉉投手=2015年11月、札幌ドーム

 【ニューヨーク共同】米大リーグ機構は5日、韓国プロ野球の金広鉉投手(31)=SK=と金宰煥外野手(31)=斗山=をポスティングシステムによる契約可能選手として全30球団に通知した。AP通信が報じた。来年1月5日が交渉期限となる。

 金広鉉は150キロ超の直球と鋭いスライダーが武器の左腕で、2008年北京五輪では韓国の金メダル獲得に貢献した。今季は17勝6敗、防御率2・51だった。

 金宰煥は左の強打者で16年から3年連続で打率3割、35本塁打、100打点をクリアした。11月の国際大会「プレミア12」では母国の決勝進出に貢献した。

同じジャンルのニュース