バイデン氏、選挙集会で暴言 質問者に「うそつき野郎」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
息子を巡る不正のうわさについて質問した男性と言い争うバイデン氏(左)=5日、米アイオワ州(ロイター=共同)
息子を巡る不正のうわさについて質問した男性と言い争うバイデン氏(左)=5日、米アイオワ州(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】来年の米大統領選の野党民主党有力候補バイデン前副大統領(77)は5日、中西部アイオワ州の選挙集会で、息子を巡る不正のうわさについて質問した男性に対し「とんでもないうそつき野郎め」と暴言を放った。大統領候補としての資質を問われかねない発言で、米メディアも大きく報じており、党候補指名レースへの影響が注目される。

 バイデン氏は全米支持率平均で首位だが、来年2月に始まる指名争いの初戦の地アイオワ州では4位に沈み苦戦。発言は挽回のため同州各地で選挙運動中に飛び出した。