ハンド女子、日本は中国に快勝 世界選手権、1次リーグ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中国に勝利し大喜びする佐々木(27)、藤田(7)ら=パークドーム熊本
中国に勝利し大喜びする佐々木(27)、藤田(7)ら=パークドーム熊本

 ハンドボール女子の世界選手権第7日は6日、熊本市のパークドーム熊本などで1次リーグが行われ、D組を3位で突破することを決めている日本は35―18で中国に快勝し、3勝2敗で終えた。中国は5戦全敗。

 日本は試合開始から9連続得点と好スタート。両サイドからの攻撃が光り、秋山が8得点、田辺(ともに北国銀行)が6得点した。

 2次リーグは8日に始まる。