バスケ、ロシターが日本国籍取得 Bリーグ宇都宮

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
Bリーグ宇都宮のライアン・ロシター
Bリーグ宇都宮のライアン・ロシター

 バスケットボール男子Bリーグ宇都宮のライアン・ロシター(30)が日本国籍を取得したことが6日付の官報で告示された。東京五輪に向け、日本代表でのプレーも可能となった。

 米国出身で身長206センチのロシターは機動力を備え、Bリーグが始まった2016~17年シーズンでリバウンド王に輝くなど優勝に導いた。ロシターは球団を通じ「日本でチームメートやファンとともに過ごせることをうれしく思います。引き続き日々の努力を続けます」とコメントした。

 日本代表では川崎のファジーカスが18年に日本国籍を取得し、今年のワールドカップ(W杯)出場に大きく貢献した。