小平奈緒が女子千メートルで4位 スピードスケートW杯

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子1000メートルで4位だった小平奈緒=ヌルスルタン(共同)
女子1000メートルで4位だった小平奈緒=ヌルスルタン(共同)

 【ヌルスルタン(カザフスタン)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦は6日、カザフスタンのヌルスルタンで開幕し、女子1000メートルの小平奈緒(相沢病院)は4位だった。ブリタニー・ボウ(米国)が優勝。

 格下のBクラスの男子500メートルで森本拓也(三重県体育協会)が35秒25で1位だった。

 女子の高木美帆(日体大助手)、男子短距離の新浜立也(高崎健康福祉大職)らナショナルチームの主力は大半が今大会に出場しない。