佐竹氏の団体、実収入5097万円で全国5位 18年報告書

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 全国の知事が提出した2018年の政治資金収支報告書を巡り、資金管理団体の収入を分析すると、愛知県の大村秀章氏が1億3534万円を集め、団体を持つ38人の中で最多となった。4年連続の首位。19年2月の知事選に備えたとみられる。19年4月に保守分裂となった知事選で3選した福岡県の小川洋氏が2位で7373万円。秋田県の佐竹敬久氏は5097万円で5位だった。

 県選挙管理委員会が公表した2018年の政治資金収支報告書によると、佐竹敬久知事の資金管理団体「地域経済研究会」の実収入は5097万円だった。収入総額6972万円から、前年からの繰越金を差し引いて算出した。

(全文 488 文字 / 残り 208 文字)