ニュースの「つぼ」:RPA

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 さまざまな業務分野で深刻化する人手不足を背景に、業務量を削減する手法の一つとして、定型的な仕事を自動化する「ロボティック・プロセス・オートメーション」(RPA)と呼ばれる技術が全国的に注目されている。人口減少が著しい本県では、企業や県などによる「秋田RPA協会」が設立され、普及啓発に乗り出した。

 RPAの基本となるのがアプリケーション・プログラム(アプリ)だ。導入する会社は、アプリを購入し、自動化させたい業務をプログラムに覚えさせる。作業量の削減に加え、人為的ミスの発生を抑えられるという。

(全文 1018 文字 / 残り 770 文字)

この連載企画の記事一覧