遠い風近い風[十田撓子]乢越え

お気に入りに登録

ひとつの星がついてくる

あの星は、あなたの名前にしよう。

じゃあ、あの星はきみの名前にしよう。

ひとつの星に二つの名前がある

 (詩「プラネタリウム」より)

 峠(乢=たわ=)で、私は立ち止まった。昔、峠を歩く人は、もし夜になってしまったら、星を頼りにしただろうか。闇の中を進まなければならないとき、灯(あか)り一つでは心細く危険な夜道を、天空の星は黙って道連れに、時には導きとなったのだろうか。

(全文 1260 文字 / 残り 1067 文字)

この連載企画の記事一覧