冬の夜彩る光の桜並木 十文字イルミ点灯【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
約2万個のLEDで彩られた桜並木
約2万個のLEDで彩られた桜並木

 桜並木を彩る「十文字イルミネーション」の点灯式が7日、秋田県横手市十文字町の十文字図書館前で行われた。雪化粧した桜の木10本に取り付けられた青やピンク色の発光ダイオード(LED)約2万個が輝き、冬の街を照らした。来年1月13日まで。

 午後5時、カウントダウンに合わせて一斉に点灯。見物客はスマートフォンで撮影するなどして光の桜並木を楽しんだ。

 会場では、豚汁やホットココアが振る舞われ、地元名物の「十文字中華麺」をまく「麺まき」も行われた。

 十文字イルミネーションは2016年から開かれている。点灯時間は午後5~10時(24、31日は翌日午前2時)。

(全文 352 文字 / 残り 76 文字)