投球や守備の基礎は… 中日・与田監督ら児童を指導、秋田市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
投手の投球指導でアドバイスする与田監督
投手の投球指導でアドバイスする与田監督

 元プロ野球選手が指導する野球教室が7日、秋田市雄和のあきたスカイドームで開かれた。県内のスポーツ少年団8チームから約150人が参加し、投球や守備、打撃の基礎を学んだ。

 マックスバリュ東北(秋田市)の主催。講師は中日の与田剛監督、中村武志バッテリーコーチ、韓国・サムスン2軍の落合英二監督、阪神の清水雅治ヘッドコーチ、元巨人の駒田徳広さんの5人が務めた。

 キャッチボールで、暴投したりボールを後ろにそらしたりする様子を見た落合監督が「キャッチボールが正しくできないと上手にならないよ」と呼び掛け。注意点として、ボールの縫い目に指をしっかり掛けて握り、投げる方向に足を踏み出すことなどを強調した。

(全文 481 文字 / 残り 184 文字)