マツ、ナンテン…正月花、鮮やかに 如斯亭庭園で生け花体験

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
講師の指導を受け、正月用の生け花に挑戦する参加者
講師の指導を受け、正月用の生け花に挑戦する参加者

 秋田市旭川南町の国指定名勝「旧秋田藩主佐竹氏別邸(如斯亭(じょしてい))庭園」で7日、県華道連盟所属団体の指導による生け花の体験会が行われた。市民16人が参加し、正月に飾る生け花に挑戦した。

 庭園を管理する佐竹史料館が公開活用事業の一環として企画。花芸安達流県支部(京屋幸瞳支部長)と古流松應会県支部(田中理笙支部長)の会員が講師を務めた。

 この日用意されたのは、マツやナンテンなど新年を祝う花材。参加者は角度や位置、全体のバランスについて講師のアドバイスを受けながら、作品作りに取り組んだ。

(全文 445 文字 / 残り 198 文字)

秋田の最新ニュース