「大曲の花火」どう伝えた? 横手で学習会、教員ら4紙比較

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新聞記事を読み比べるワークショップなどを行ったNIE学習会
新聞記事を読み比べるワークショップなどを行ったNIE学習会

 授業の教材として新聞記事を活用する方法を学ぶ「NIE学習会」が7日、秋田県横手市のかまくら館で開かれた。県内の教員や高校生ら18人が参加。新聞を読み比べるワークショップなどを行い、子どもたちの言葉を豊かにする手法を探った。

 学習会では、十文字第一小学校(同市)の赤川美和子教諭(教育専門監)が、独創的な国語教育で知られる教育者・大村はまさん(故人)が考案した「表現比べ」に基づいたワークショップを実施。今年の「大曲の花火」に関する4紙の新聞記事を読み比べ、それぞれで使われている語句や表現にどんな意味や効果があるか話し合った。

(全文 588 文字 / 残り 324 文字)

秋田の最新ニュース