持続可能な地域づくり考える 男鹿で県の事業報告会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男鹿中地区が取り組みを発表した報告会
男鹿中地区が取り組みを発表した報告会

 秋田県が本年度から取り組む「コミュニティー生活圏形成事業」の男鹿市報告会が8日、男鹿市民文化会館で開かれた。市民ら約100人が出席。事業に取り組んでいる男鹿中地区の発表などを通し、持続可能な地域づくりを考えた。

 コミュニティー生活圏は、人口減が進む複数の集落で構成するエリアを指す。事業では生活圏ごとに生活機能を維持するための方策を探っており、本年度は男鹿中地区を含む県内5地区が取り組んでいる。

(全文 490 文字 / 残り 291 文字)