冬に挑む(1)駅伝女子・秋田北鷹 目標強く意識【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
全国大会での目標タイム達成に向け練習に熱が入る秋田北鷹の選手=同校グラウンド
全国大会での目標タイム達成に向け練習に熱が入る秋田北鷹の選手=同校グラウンド

 年末年始に行われる高校の全国大会は22日の駅伝とバスケットボールを皮切りに、ラグビー、サッカー、バレーボールが行われる。秋田県予選を勝ち抜き、全国に挑む本県代表を紹介する。


 「1時間13分30秒」。部員が設定したチームの目標タイムだ。秋田北鷹高体育館の玄関にある掲示板最上部に張り出されている。都大路をこのタイムで走ることを目指し、練習に励んできた。

 5区間21・0975キロのコースを、全員が1キロ3分30秒で刻んで行く想定だ。だが同じ距離で行われた10月の県大会では1時間16分18秒。4区で逆転し、2年ぶり3度目の全国切符をつかんだが、序盤からスローな展開に引っ張られ、目標には3分近く届かなかった。11月の東北大会では1時間17分17秒とさらに振るわず、高橋敏治監督は「まだまだ力不足」と厳しい表情を崩さない。

(全文 811 文字 / 残り 451 文字)

ぜひスマホでご覧ください!

この連載企画の記事一覧