男衆、激しくもみ合い俵奉納 湯沢「初丑まつり」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
激しいもみ合いの末、威勢よく俵を奉納した
激しいもみ合いの末、威勢よく俵を奉納した

 秋田県湯沢市岩崎の千年(ちとせ)公園にある水(すい)神社で6日夜、「初丑(うし)まつり」が行われた。岩崎地区6町内会の男衆が、雪がちらつく中、下帯に白足袋姿で威勢よくえびす俵を奉納した。

 まつりは「裸参り」とも呼ばれる。水難防止や無病息災の願いを込めた俵を担いで町内を練り歩き、午後7時半ごろに最初の町内会が神社に到着。奉納歌を歌って俵を納めた。

(全文 444 文字 / 残り 270 文字)