イージス新屋配備の是非 再調査結果受け判断 穂積市長

お気に入りに登録

 秋田市の穂積志市長は9日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場へ配備することの是非について、防衛省の再調査結果が示された後に判断する考えを明らかにした。

 市議会11月定例会の一般質問で、秋水会の伊藤一栄、熊谷重隆の2氏が、地上イージスへの対応をただした。

(全文 573 文字 / 残り 426 文字)