年度末で常勤医退職 角館総合病院・脳神経外科

お気に入りに登録

 秋田県仙北市議会は9日、一般質問を行った。進藤英樹市病院事業管理者は、秋田大から市立角館総合病院の脳神経外科に派遣されている常勤医師1人が本年度末で退職すると明らかにし、「患者への影響が最小限になるよう、秋田大からの代替医師派遣や周辺医療機関からの支援について継続的に協議している」と述べた。

 同病院によると退職理由は別の病院への異動。同科には常勤医がもう1人いるが県が派遣している自治医科大出身者で、来年度は研修で大学に戻るため、代替医が見つからないと常勤医不在になる。

(全文 526 文字 / 残り 289 文字)