ナガマツ3年連続A代表 志田(八郎潟町出身)組は初選出

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
永原和可那(左)、松本麻佑
永原和可那(左)、松本麻佑

 日本バドミントン協会は10日、来年の日本代表を発表し、女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が3年連続でA代表入りした。A代表はシングルスが男女各4選手、ダブルスは男女各4組で、混合は1組。北都銀行勢では女子ダブルスの米元小春、田中志穂組、同シングルスの川上紗恵奈は日本代表から外れた。

(全文 504 文字 / 残り 355 文字)