県職員の冬のボーナス、平均84万6千円 知事は224万円

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁
秋田県庁

 秋田県職員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。一般職の平均支給額(平均45歳4カ月)は84万6千円で、昨冬と比べ5万6千円減った。ただ、これは夏と冬の配分を見直したためであり、年間の支給月数に変わりはない。佐竹敬久知事には224万6千円が支給された。

 県はさらに、県人事委員会勧告を踏まえ開会中の12月県議会に冬のボーナスを引き上げる条例改正案を提出しており、可決されれば追加支給する。一般職で年間0・1カ月分、特別職や県議で0・05カ月分引き上げる内容。引き上げは6年連続となる。

(全文 553 文字 / 残り 302 文字)