ニャンパチ光輝く、八郎潟駅前 LED2万4千個点灯

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
八郎潟駅前を飾ったイルミネーション。左がプロジェクト8が設置した「ニャンパチ」
八郎潟駅前を飾ったイルミネーション。左がプロジェクト8が設置した「ニャンパチ」

 秋田県八郎潟町のJR八郎潟駅前でイルミネーションの点灯が始まった。駅舎そばの小公園や街路樹、大壁画に飾り付けられた約2万4千個の発光ダイオード(LED)がオレンジや青など色とりどりに光輝き、一帯は毎夜、華やかな雰囲気に包まれている。

 小公園のイルミネーションは、町内の若者グループ「プロジェクト8(エイト)」(佐藤友紀代表)が始めて4年目。円形の植え込みを覆うようにLEDを張り巡らせたドーム形の構造で、中心には町のマスコットキャラクター「ニャンパチ」のイルミネーションを配置した。

(全文 473 文字 / 残り 231 文字)