混乱のテコンドー協会、秋田市出身・木村氏はどう立て直す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
木村興治氏
木村興治氏

 強化体制を巡ってトップ選手と対立が続いていた全日本テコンドー協会の新理事が10日、東京都内で開かれた理事会で承認され、新会長に日本卓球協会名誉副会長の木村興治氏(78)=秋田市出身=が就任することが決まった。26日の正会員総会をもって新体制が正式に発足する。

 新理事は11人で全員が外部から招かれた。柔道女子で1992年バルセロナ五輪銀メダリストの田辺陽子氏(53)や陸上女子ハンマー投げ日本記録保持者の室伏由佳氏(42)のほか、弁護士や税理士らが名を連ねた。

 選定を担った検証委員会の境田正樹委員長は「ほっとしている。今までの(理事の)貢献を引き継ぎ、より一層発展させてほしい」と話した。

 新会長に就任する木村興治氏=写真=は卓球界で国内外に広く名の知られた存在だ。「スポーツ人として」を常に心掛ける誠実な人柄で、周囲の信頼は厚い。門外漢のテコンドー界で大役を引き受けることになったことについて、卓球関係者からは「おとこ気ある木村さんらしい」との声が上がった。

(全文 1044 文字 / 残り 612 文字)