新屋配備見直し「判断正しい」と知事 地上イージス

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、政府が秋田市の陸上自衛隊新屋演習場への配備計画を見直す方向で検討に入ったことを受け、秋田県の佐竹敬久知事は11日、記者団に「仮にそうだとすれば、常識的に政府幹部の判断は正しい」と述べた。

 佐竹氏は「当時の決め方が非常に急いでいた。本来しっかり確認すべきことを(防衛省の担当者が)政府上層部に伝えていなかった」と批判。県内で他に配備候補となっている場所があることを踏まえ「新屋が見直しになったからといって『万歳』というわけではない」と述べた。

秋田の最新ニュース