ナガマツ白星発進、WTファイナル 強打が鳴り潜め苦戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子ダブルス1次リーグ タイのペアに勝利した永原(左)、松本組=広州
女子ダブルス1次リーグ タイのペアに勝利した永原(左)、松本組=広州

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナルは11日、中国の広州で開幕して1次リーグが行われ、ダブルスの女子B組で世界選手権2連覇の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)はタイのペアに2―1で逆転勝ちした。

 永原、松本組は格下のタイのペアに苦しみながら初戦を白星で飾った。永原は「最後まで危ない、苦しいゲームだったけど、何とか勝てて明日につなげられた」と胸をなで下ろした。

(全文 326 文字 / 残り 134 文字)