地方点描:病に伏して[能代支局]

お気に入りに登録

 ちょうど1カ月前、胸をつり上げられるような激しい痛みに襲われ、能代市内の病院に救急搬送された。深呼吸をしてもなかなか治まらず、額には冷や汗が流れ、悪寒と吐き気が続いた。「このままではまずい」と、自ら119番した。

 たぶん助かるはず。でも、もし助からないと分かったらどうしよう。これがいまわの際になるのか。いや、死ぬわけには―。救急車の中で、いろいろな思いがぐるぐると駆け巡る。

(全文 612 文字 / 残り 423 文字)