梅宮辰夫さん死去、県内からも悼む声 釣り好きの横顔しのぶ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市沖で釣りを楽しむ梅宮さん=2016年5月(釣り東北社提供)
秋田市沖で釣りを楽しむ梅宮さん=2016年5月(釣り東北社提供)

 映画「仁義なき戦い」やテレビドラマで活躍した俳優の梅宮辰夫さんが12日午前、慢性腎不全のため神奈川県内の病院で死去したことに、交流のあった秋田県関係者からも悼む声が上がった。

 釣り東北社(秋田市)は、釣り好きで知られる梅宮さんに同社発行の月刊誌を定期的に送っていた。こうした縁もあり、梅宮さんは2016年5月に来県。同社社長の伊藤克朗さん(45)らと秋田マリーナから秋田市沖に出て、釣りを楽しんだ。伊藤さんは、魚種の豊富さに関心を示していた姿が印象に残るとし、「来県中は観光もせず、可能な限り、釣りの時間に充てていた。本当に釣りが好きなんだと思った」と振り返る。

(全文 370 文字 / 残り 88 文字)