県内強風、屋根被害など相次ぐ 運休や欠航も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
強風で剝がれた空き家の屋根を応急処置する消防隊員=12日午前9時ごろ、秋田市土崎港北6丁目
強風で剝がれた空き家の屋根を応急処置する消防隊員=12日午前9時ごろ、秋田市土崎港北6丁目

 秋田県内は12日、低気圧と寒冷前線の影響で強風に見舞われた。秋田市では今年最も強い最大瞬間風速29・6メートルを観測。各地で建物の一部損壊が相次ぎ、交通機関も乱れた。

 秋田地方気象台によると、同日午後5時までの最大瞬間風速は八峰町27・5メートル、にかほ市25・8メートル、秋田市雄和24・2メートルなど。
 秋田市では朝からトタン屋根が一部剝がれるなどの被害が11件発生。土崎港北6丁目では午前8時10分ごろ、空き家のトタン屋根が縦10メートル、横5メートルにわたり剝がれ、消防が板をかぶせて応急処置した。

(全文 553 文字 / 残り 299 文字)