障害者の手作り品、誕生の物語紹介 NPOが通販サイト開設

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
クロネコのキャラクター「オニキス君」が商品の魅力を伝える通販サイト「ストーリーキャット」
クロネコのキャラクター「オニキス君」が商品の魅力を伝える通販サイト「ストーリーキャット」

 秋田県内で障害のある人たちが作った品物を広く発信しようと、商品の紹介や販売を担うインターネットの通販サイト「ストーリーキャット」がアクセス数を伸ばしている。運営するのはNPO法人あきた結いネット(秋田市、坂下美渉理事長)。サイトの編集や商品の発送を手掛けるのは障害のあるメンバーたちで、作り手の思いや制作過程などを取材し、品物が生まれるまでの「物語」を楽しく伝えている。

 「こにゃにゃちわ♪ オニキスだにょ! 全国の皆に僕が紹介する今回の品物は…『ドリームカンパニーあゆみ』さんのおからクッキー!」「美味(おい)しそうにゃ~! どうやって作ってるにょ?」

 サイト内の語り手は、オリジナルキャラクターのクロネコ「オニキス君」。編集スタッフが文章を考え、作者の思いを親しみやすい語り口で表現している。

 現在サイトで紹介しているのは、県内7カ所の障害者就労支援事業所の商品。いずれも障害のある人たちが作った食品や小物、バッグなどで約60点を取り扱っている。

 「県内では多くの事業所が良質な商品を作っている。だがどう販路を広げ、情報発信すればいいか悩んでいた」と坂下さん。その悩みを解決する手助けになれば―と通販サイトの開設を思い立った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1147 文字 / 残り 631 文字)

秋田の最新ニュース