地上イージス「山口は適地」 防衛相、17日から地元説明

お気に入りに登録

 河野太郎防衛相は13日の閣議後会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の候補地の一つである陸上自衛隊むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)について、配備に適しているとの認識を示した。再調査の結果を受け「安全に配備運用ができる場所と認識している。地元にしっかり説明していきたい」と述べた。

 もう一つの配備候補地で、政府が見直す方向で検討に入った陸自新屋演習場(秋田市)については「しっかりと再調査し、ゼロベースで評価していく方針に変わりはない」と重ねて説明した。

(全文 451 文字 / 残り 216 文字)