国連大使、中村哲さんを追悼 「人々に人生ささげた」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
米ニューヨークでの会合であいさつする日本の石兼公博国連大使=12日(共同)
米ニューヨークでの会合であいさつする日本の石兼公博国連大使=12日(共同)

 【ニューヨーク共同】日本の石兼公博国連大使は12日、米ニューヨークでの会合であいさつし、アフガニスタンで殺害された非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さんについて、水や食料にも事欠き「最も弱い立場にある人々に尽くすため、人生をささげた」と悼んだ。

 会合は、全ての人が適切に医療を受けられる「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)」推進に関するもの。石兼氏は、中村さんの生き方は「(飢餓や貧困の解消を目指す)『人間の安全保障』の考え方の核心を体現している」と指摘し、UHCの実現に向けて活動する世界中の人々を勇気づけるものだと述べた。

同じジャンルのニュース