舞妓さんらも正月支度、京都 花街で「事始め」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「事始め」で、京舞井上流五世家元の井上八千代さん(左手前)にあいさつする舞妓=13日午前、京都市
「事始め」で、京舞井上流五世家元の井上八千代さん(左手前)にあいさつする舞妓=13日午前、京都市

 京都・祇園などの花街で13日、芸舞妓が芸事の師匠やお茶屋にあいさつし、正月を迎える準備に取り掛かる「事始め」が行われた。

 京都市東山区の京舞井上流五世家元で人間国宝の井上八千代さんの稽古場には、着物姿の芸舞妓らが続々と訪問。鏡餅を並べたひな壇の前で1人ずつ「おめでとうさんどす」とあいさつすると、井上さんは「きばってどうぞ」などと声を掛け、舞扇を手渡した。

 事始めが終わると、花街では忙しくなる年末にかけ「おことう(お事多)さんどす」とあいさつするようになる。