イージス・アショア:ゼロベース(下)行き詰まる「新屋ありき」

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
「他の国有地の検討」の結果。新屋演習場だけは一つも「×」が付いていない(調査報告書より)
「他の国有地の検討」の結果。新屋演習場だけは一つも「×」が付いていない(調査報告書より)

 政府がイージス・アショアの新屋配備を見直す方向で検討に入った今、改めて注目したいのが、陸上自衛隊新屋演習場を唯一の適地とする根拠になっている5月公表の「適地調査報告書」だ。

 中でも、青森、秋田、山形3県の国有地19カ所が配備候補地になり得るかを複数の観点から判断し、いずれも「不適」とした項目「他の国有地の検討」は、重要な意味を持つ。

 ただ、これは読み返すほど不可解な点が多い。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

連載企画:イージス・アショア:第8部・ゼロベース

同じジャンルのニュース