ザギトワ引退示唆 秋田犬人気貢献に感謝、保存会関係者

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2018年5月、秋田犬保存会の遠藤敬会長(左端)から子犬を贈呈されたアリーナ・ザギトワ。右は安倍首相夫妻=モスクワ
2018年5月、秋田犬保存会の遠藤敬会長(左端)から子犬を贈呈されたアリーナ・ザギトワ。右は安倍首相夫妻=モスクワ

 選手としての活動をやめると表明したザギトワ選手に「マサル」を贈呈した秋田犬保存会で東京支部長を務める川北晃右さんは14日、「残念だが、ザギトワ選手のおかげで秋田犬の人気が高まった。大変感謝している」と話した。

 川北さんは昨年5月の贈呈までに1カ月ほど、都内の自宅でマサルを育てていた。現在は、妹に当たる「め組(めぐみ)」を飼っているという。「これからはマサルとの生活をゆっくり楽しんで」とねぎらった。