雪不足「リフト運行」まだ オーパス シーズンの安全を祈願

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
テープカットに臨む関係者
テープカットに臨む関係者

 秋田市仁別の太平山スキー場「オーパス」の安全祈願祭が14日、現地で行われ、関係者がシーズン中の無事故を祈った。オープンは15日だが、雪不足のためリフトはまだ運行しない。

 穂積志市長や指定管理者・太平山観光開発の小野智社長ら約40人が出席。神事に続いて小野社長ら5人がテープカットし、オープンを祝った。

 同スキー場は毎年12月の第3日曜に営業開始するが、14日午前8時時点の積雪量は0センチ。今月上旬の降雪で一時10センチに達したものの、ここ数日の好天と14日の雨で雪が溶けてしまった。

 まとまった雪が降り、安全が確認され次第、リフトを運行する。鐙武徳支配人は「多くの来場者に一日も早くスキーを楽しんでもらえるよう、降雪に期待したい」と話した。