歌って踊って観客魅了! 若者祭典「ヤングフェス」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
よさこいの「総踊り」で躍動感あふれる動きを見せる踊り手
よさこいの「総踊り」で躍動感あふれる動きを見せる踊り手

 秋田県内の高校生や若者らが歌や踊りを発表する「ヤングフェスティバル」が15日、秋田市の県青少年交流センター・ユースパルで開かれた。13団体・個人が出演。よさこい踊りやオリジナルソングを披露し、訪れた人を楽しませた。

 秋田市を中心に活動するよさこいチーム「チームわげもん」の8人は、平成から令和への移り変わりをテーマにした、チームのオリジナル曲「よいやよいや」に合わせ、しなやかに踊った。観客はゆったりとした曲調に合わせ、手拍子をして雰囲気を盛り上げた。
 わげもんの吉田茂明会長(43)は「観客も一緒に盛り上がってくれて、踊っていて楽しかった。手拍子もうれしかった」と笑顔で話した。

 他のよさこいチームも一緒に踊る「総踊り」も行われ、多くの踊り手が全身を使って迫力ある踊りを披露した。

(全文 600 文字 / 残り 258 文字)