圧着はがき「未納料金お支払いのお願い」 県警注意呼び掛け

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県警は16日、特殊詐欺の手口とみられる不審な圧着はがきが届いたとの相談が、県内で13件あったと発表した。被害は確認されていない。県内では先月末から、圧着はがきや封書の不審な郵便物が相次いで届き、県警が注意を呼び掛けている。

 はがきの題は「未納料金お支払いのお願い」。都内に実在する債権回収会社をかたり、有料サイトの利用料金を架空請求している。電話連絡しないと法的手続きに移るとの文面は、4、5日に県内各地に届いたものと同じ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 396 文字 / 残り 181 文字)

秋田の最新ニュース