秋田中央高、頑張って! 花園へ県出身ラガーが都内で激励

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
花園に出場する秋田中央高にエールを送った秋田ラグビー東京倶楽部の激励会
花園に出場する秋田中央高にエールを送った秋田ラグビー東京倶楽部の激励会

 首都圏在住の秋田県出身ラグビー部OBらでつくる「秋田ラグビー東京倶楽部」は17日、第99回全国高校ラグビー大会(27日~1月7日、東大阪市花園ラグビー場)に2年連続で出場する秋田中央高の激励会を、東京の新宿ライオン会館で開いた。出身校の垣根を越え、一致団結して同校の後押しを誓った。

 39人が出席。佐藤鉄三郎会長(秋田工高出)が「今年はワールドカップで日本中が盛り上がった。秋田のレベルを底上げするためにも頑張ってほしい」とあいさつ。合宿先の専修大(神奈川県)から駆け付けた秋田中央の古谷和義監督は「競技人気が高まっている今、花園に出られる喜びを感じている。良い結果を出すために生徒と一緒に頑張っていく」と謝辞を述べた。

(全文 458 文字 / 残り 147 文字)