白濱主将「攻める気で戦う」 ハピネッツ、21日から富山戦

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
インサイドでシュートを放つ白濱。連携を高めて連勝を狙いたい=秋田銀行体育館
インサイドでシュートを放つ白濱。連携を高めて連勝を狙いたい=秋田銀行体育館

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区5位の秋田ノーザンハピネッツは21日午後6時5分、22日午後1時5分から、富山市総合体育館で中地区3位の富山と戦う。前節で序盤の20試合が終了。リーグ2連覇中のA東京から2勝を挙げたが、試合運びにはまだ波がある。組織力を高めて確実に連勝したい。

 富山は7勝14敗。阿部友和と宇都直輝の両ガード、センターのスミスなど主力の負傷が相次ぐ。元秋田のフォワード・ライオンズがチームを支える。1試合平均21得点を記録しており、3点シュート成功率も41・2%と内外で得点できる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 587 文字 / 残り 330 文字)

秋田の最新ニュース