プレーバック2019(2)秋田NB不振 主力の故障響き7位

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
7位と不振だった秋田NBだが、WTB土橋(右)ら新戦力が台頭。試合を重ねてアタックも鋭さを増した=11月、あきぎんスタジアム
7位と不振だった秋田NBだが、WTB土橋(右)ら新戦力が台頭。試合を重ねてアタックも鋭さを増した=11月、あきぎんスタジアム

 初の日本開催となったワールドカップ(W杯)に沸いた1年になった。秋田市ではフィジー代表の事前合宿が行われ、練習会場のあきぎんスタジアムにはラグビーファンが詰め掛けた。エリアなかいちでは日本代表戦のパブリックビューイングが行われ、史上初の8強入りを果たした選手たちに熱い声援が送られた。

 社会人ラグビートップイーストリーグディビジョン1の秋田ノーザンブレッツ(秋田NB)は花岡伸明チームディレクターがチームを率いて2季目を迎えたが、3勝6敗で10チーム中7位。4勝5敗、6位だった昨季より一つ順位を落とすなど不振だった。

(全文 635 文字 / 残り 375 文字)

連載企画:プレーバック2019 秋田スポーツこの1年