遠い風近い風[井川直子]蕎麦屋のできごと

お気に入りに登録

 蕎麦(そば)屋のできごとである。ある休日、夫と遅い昼の蕎麦屋酒をしようと考えて、通し営業の店をインターネットで探し出した。営業時間よし、定休日よし。指さし確認をし、店に着くと、空いている幸運を喜んだ。

 「あさりの山椒(さんしょ)煮と板わさ、だし巻き玉子と瓶ビールを。お蕎麦は後でお願いします」

 はい、と一度下がった店員はあさりと板わさを持ってやってきたついでに、ラストオーダーなので蕎麦を食べるなら今、注文せよという。

(全文 1312 文字 / 残り 1102 文字)

この連載企画の記事一覧