淡島ホテル、破産手続き開始 負債数百億円、静岡・沼津

お気に入りに登録

 静岡県沼津市の会員制リゾートホテル「淡島ホテル」を経営する「グッドリゾート社」(東京)などの竹原虎太郎社長は21日、同ホテルの以前の経営会社が静岡地裁沼津支部から破産手続きの開始決定を受けたと明らかにした。会員権を購入した一部債権者の申し立てを受けたもので、負債総額は数百億円に上るとしている。

 竹原社長によると、ホテルは長年、赤字経営が続いており、債権者らが「預かり金や投資額が返済されない」などと主張、7月に破産手続きを申し立てていた。今後は同支部が選任した破産管財人が、資産の調査などを進める。

 民間信用調査会社などによると、同ホテルは1991年開業。