秋田スズキ、新国道に新社屋オープン 整備工場も集約

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オープンした秋田スズキの新社屋=秋田市高陽幸町
オープンした秋田スズキの新社屋=秋田市高陽幸町

 秋田市の秋田スズキ(石黒寿佐夫社長)は21日、同市高陽幸町の通称新国道(県道秋田天王線)沿いに新社屋をオープンさせた。旧社屋の敷地内に建て替えた。

 新社屋は鉄骨造り3階建てで、本社事務所と秋田本店ショールームなどを合わせた延べ床面積は約6千平方メートル。敷地内の別の建物にあった整備工場なども集約した。ショールーム内には秋田杉を中心に木材を多く使用することで、ぬくもりを感じさせる雰囲気とした。

(全文 294 文字 / 残り 96 文字)