父の思い継ぎ、ヒマラヤスギに光灯す にかほ市の相馬さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
色とりどりのイルミネーションが輝く相馬さん方のヒマラヤスギ
色とりどりのイルミネーションが輝く相馬さん方のヒマラヤスギ

 秋田県にかほ市象潟町小滝の相馬雅彦さん(62)方の高さ16メートルのヒマラヤスギが、毎年恒例のイルミネーションで彩られている。相馬さんの亡父が1996年から飾ってきた名物スポットで、後を継いで今年で3年目となる。

 約6千個の発光ダイオード(LED)は高所作業車を使って取り付けた。今年は雪や雨でぬれることによる故障を防ぐため、一つ一つにシリコンを塗って防水加工を施した。スギは刈り込んで高さを調整した。

 LEDは黄色をメインに、赤や青、緑など色とりどりに輝き、てっぺんには星形のオブジェを飾っている。周囲の生け垣や桜の木にも、住民有志がLEDを飾り付けた。

(全文 398 文字 / 残り 119 文字)