一緒にラップ楽しもう 羅漢さん、支援学校で交流【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
生徒にラップのリズムや発音を指導する羅漢さん(左)
生徒にラップのリズムや発音を指導する羅漢さん(左)

 秋田県五城目町のラッパー・羅漢さん(32)が20日、秋田市南ケ丘の秋田きらり支援学校(新目基校長)を訪れ、ラップを通じて高等部の生徒23人と交流を深めた。

 同校高等部では、さまざまな音楽のジャンルを知ってもらおうと、音楽の授業にラップを取り入れている。生のラップを生徒に聞いてほしいと羅漢さんを招いた。

(全文 389 文字 / 残り 237 文字)