小学校教員採用試験競争率、本県は全国平均下回る 18年度

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 都道府県教育委員会などが2018年度に実施した公立小学校の教員採用試験で、競争率の全国平均は2・8倍となり、バブル景気の影響で民間就職が好調だった1991年度と並び、過去最低だったことが23日、文部科学省の調査で分かった。都道府県別では新潟県の1・2倍が最も低く、福岡県1・3倍、佐賀県1・6倍と続いた。本県は2・6倍で19番目に低かった。

 文科省の担当者は「高年齢層の大量退職に伴い、大量採用が続く影響が大きい。民間の需要も高い」と分析。

(全文 618 文字 / 残り 397 文字)