田沢湖ビール、龍角散とコラボ ハーブと調和、黒ビール発売

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
田沢湖ビールが発売した龍角散とのコラボ商品「ドラゴンハーブブラック」。瓶のラベルには大きく「龍」がデザインされている(田沢湖ビール提供)
田沢湖ビールが発売した龍角散とのコラボ商品「ドラゴンハーブブラック」。瓶のラベルには大きく「龍」がデザインされている(田沢湖ビール提供)

 秋田県仙北市の田沢湖ビールは、医薬品・食品メーカーの龍角散(東京・東神田)とコラボしたビール「ドラゴンハーブブラック」を発売した。4月に発売したコラボビール「ドラゴンハーブヴァイス」に続く第2弾。副原料には、龍角散に入っている県産カミツレを配合したハーブパウダーを使っている。田沢湖ビールは「黒ビールのロースト感の後にキレのあるハーブの味が楽しめる」とPRしている。

 田沢湖ビールは、酒税法の改正によりビールの副原料の要件が昨年4月から緩和されたことを受け、県産物の利用を模索。美郷町で国産生薬を栽培する龍角散に協力を依頼し実現した。

(全文 484 文字 / 残り 216 文字)