プレーバック2019(5)豪風現役引退 努力重ね通算100場所

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
引退会見で思いを語る押尾川親方。満足感を漂わせた=1月23日、東京都内のホテル
引退会見で思いを語る押尾川親方。満足感を漂わせた=1月23日、東京都内のホテル

 大相撲の元関脇豪風(本名・成田旭、北秋田市出身)が1月、39歳で現役生活に終止符を打った。東十両12枚目で臨んだ初場所は、懸命の取組が続いたが結果は伴わなかった。9敗すれば幕下転落が避けられない状況で、9日目に早々と負け越し。10日目の1月22日に現役引退を表明した。「悔いは一つもない。長くやった分、多くの方に見ていただけた」と満足感を漂わせた。

 幕下付け出しでデビュー以来、通算100場所を務め、98場所を関取として戦った。生涯戦績は687勝746敗46休だった。

(全文 607 文字 / 残り 372 文字)

元関脇・豪風の全取組結果はこちら