早く雪をください! 県内スキー場、大半が営業見送り

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雪不足で営業できずにいるたざわ湖スキー場。雪面の所々に雑草が出ている
雪不足で営業できずにいるたざわ湖スキー場。雪面の所々に雑草が出ている

 秋田県内のスキー場が雪不足に悩まされている。今月初旬に一定の積雪があったが、その後の気温上昇や雨で解け、年の瀬に入っても大半で滑走不可の状態が続く。客足が見込める年末年始や冬休みを目前に控え、関係者は「まとまった雪が欲しい」と待ちわびている。

 雪に覆われたゲレンデの足元をよく見ると、あちこちに雑草が顔を出している。仙北市のたざわ湖スキー場の積雪は、24日現在20センチ。20日にスキー場開きが行われたが、13コース全て滑ることができない。26日から県内の小中学校が冬休みに入ることもあり、江橋武・営業企画課長は「40センチあれば一部を開放できる。何とか数日中に営業したいが、天気次第だ」と気をもむ。

(全文 1021 文字 / 残り 720 文字)