温泉むすめ巡礼でグッズ当てて 乳頭、玉川でスタンプラリー

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
乳頭温泉の休暇村乳頭温泉郷に置かれた「乳頭和」のパネル
乳頭温泉の休暇村乳頭温泉郷に置かれた「乳頭和」のパネル

 全国の温泉地をモチーフにした美少女キャラクター「温泉むすめ」のスタンプラリーが、東北5県の14温泉地で開かれている。秋田県では仙北市の乳頭温泉に「乳頭和(のどか)」、玉川温泉に「玉川百合亜(ゆりあ)」の2人のキャラクターが設けられている。来年2月29日まで各温泉地を回ると、関連グッズが当たる抽選に参加できる。

 温泉むすめは、イベント企画会社のエンバウンド(本社・東京)が地方創生プロジェクトとして企画した。国内外の温泉地に計120人の美少女キャラクターを設けている。

 各キャラクターには、温泉の特徴を踏まえた性格や趣味などがある。乳頭温泉の乳頭和は、山菜とキノコに詳しく、人混みが苦手な設定。玉川温泉の玉川百合亜はオペラ歌手以上の声量の持ち主で、スマートフォンもパソコンも持たないキャラクターとなっている。

(全文 900 文字 / 残り 545 文字)