八峰町で住宅と小屋3棟全焼 90代女性死亡

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
住宅など4棟を全焼し、1人が死亡した火事現場=八峰町峰浜水沢、27日午前6時40分ごろ
住宅など4棟を全焼し、1人が死亡した火事現場=八峰町峰浜水沢、27日午前6時40分ごろ

 27日午前4時5分ごろ、秋田県八峰町峰浜水沢の60代男性方から出火、木造平屋建ての住宅1棟と敷地内の小屋3棟を全焼し、住宅の焼け跡から男性の母親の遺体が見つかった。死因は焼死。

 能代署によると、敷地内の車2台も全焼したほか、隣接する住宅2棟と小屋1棟の外壁の一部なども焼いた。男性が顔や手などにやけどを負い能代市の病院に搬送されたが、命に別条はない。

 男性は90代の母親、60代の妻と3人暮らし。近所の住民から「火が出ている」と119番があった。同署が出火原因や焼失面積などを調べている。

 近所に住む男性は「『パン、パン』という音で目が覚めた。火元の奥さんが火事ぶれしに来た。外に出ると家全体が激しく燃えていて、燃え移るのではないかと心配だった」と話した。

 現場は峰浜小学校の北東約100メートルの住宅街。消防車両11台が出動し、約3時間15分後に鎮火した。