あの店・この逸品[萬福]タンタンメン 辛さ、まろやかさ共存

会員向け記事
お気に入りに登録
ほどよい辛みにザーサイの食感がくせになるタンタンメン
ほどよい辛みにザーサイの食感がくせになるタンタンメン

 今年、開業から50年を迎えた能代市二ツ井町の中華料理店「萬福(まんぷく)」。看板メニューの「タンタンメン」(税込み800円)は辛さがほどよく、細かく刻まれたザーサイが食感のアクセントとなっている。

 店主の七尾耕次さん(75)はネギやひき肉、ザーサイなどの具材を豆板醤(とうばんじゃん)で炒め、辛味とともに香ばしさを出している。あっさりめの豚骨スープに溶き卵を加えることで、辛さを残しつつ、まろやかな風味になるよう仕上げている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 772 文字 / 残り 558 文字)

お店の情報

能代市二ツ井町字三千苅5の64
TEL0185・73・4939
営業時間は午前11時~午後2時半
月曜定休、年末年始は31日、1月1日のみ休業

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース